テルマエ・ロマエを読んで

知らないうちに漫画テルマエ・ロマエが完結していたので、
遅ればせながら電子書籍で読んでみました。
全6巻でエンターブレインから出ています。

4巻までは既読なので5巻から読みました。
5巻はおもしろかったです。
日本の温泉地が舞台で、馬のハナコとの冒険(?)が楽しめます。

6巻になるとローマと日本を行き来することも少なくなり、ルシウスはローマへ帰ってしまいます。
正直なところ、6巻と1巻を比較すると劣化したなと思わざるをえません。
話の質が落ちたなと。
前の笑いがあったあのマヌケな感じはなくなっています。


ハナコだけが最後の砦という感じがしました。
チャリオット(古代の馬が引く戦車)に乗ったルシウスは笑えました。

6巻の巻末ではテルマエの続編もあると書かれていましたが、
現在は別の作品を連載しており、どうなったのか謎です。
連載中のジョブズの自伝は原作を読んだ方がいいような気もしますし。
映画化されたこの漫画の行く先はいったい…?

Comments are closed.